コニカミノルタとワイヤ・アンド・ワイヤレス、 国内初*1のビジネス用公衆無線LANサービスの提供を開始 ~高セキュリティーかつ低コストな通信インフラで、企業のテレワークを支援~

プレスリリース

コニカミノルタ株式会社
株式会社 ワイヤ・アンド・ワイヤレス

コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山名 昌衛、以下 コニカミノルタ)とKDDI グループにおける公衆無線 LANサービス提供に特化したモバイル通信事業者である株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大塚 浩司、以下 Wi2)は、ビジネス用公衆無線LANサービスの提供について業務提携をいたしました。

今回の業務提携により、コニカミノルタはWi2の通信インフラを活用した、国内初のビジネス用高セキュリティー公衆無線LANサービス(サービス名:bizhub Spot)を4月10日より提供開始いたします。bizhub Spotは、国内10万アクセスポイント以上*2の公衆無線LANが通信制限なく、安価で使い放題になるサービスです。加えて、企業内の無線LANと同等の高セキュリティー通信方式と認証基盤を採用し、接続操作不要で、端末を開くだけで安全なWi-Fiに自動で繋がります。これにより通信手段やコストに悩む企業のテレワーク導入を支援し、現場の働き方改革を加速します。

*1日本国内で提供される法人利用に特化したEAP/VPN対応の公衆無線LANサービスとして
*2 2020年3月末現在


◆ bizhub Spot提供の背景

社会の変化により多くの企業に働き方改革が求められている中、コニカミノルタは企業の生産性や創造性を高める新しい働き方を支援する「いいじかん設計」サービスを展開しています。コニカミノルタの「いいじかん設計」サービスでは、一般的な作業時間削減のみならず、削減した時間を活用して生産性向上やワークライフバランス向上の実現など、顧客にとって最適な働き方を提案しています。
特に近年では働き方改革の一環に加えて、より生産性を高め従業員の労働時間を削減する方法として、テレワークのニーズが高まってきています。また、昨今の新型コロナウイルスによる影響により在宅勤務に取り組む企業が増えています。しかしながら、テレワークの導入・運用にあたり、社外で利用するモバイル通信コストや通信量制限が課題となっており、多くの総務・情報システム部の悩みとなっています。そこでコニカミノルタは、Wi2が保有する高セキュリティー・高品質で使い放題の公衆無線LAN/VPNインフラが、企業のテレワークを支える新しい通信インフラとして活用できることに着目しました。bizhub Spotは、Wi2の個人向け高セキュリティー公衆無線LAN/VPNサービス 「ギガぞうWi-Fi」 を、企業でも利用できるよう一部仕様を変更するとともに、コニカミノルタが自社実践の経験を活かして開発した法人専用機能を追加したサービスです。コニカミノルタはbizhub Spotを通じてテレワークの通信に悩む企業の課題解決に貢献いたします。

◆bizhub Spotが提供する価値 

図.png

1.自動で繋がる10万以上*2の公衆無線LANアクセスポイント
bizhub Spotでは、コニカミノルタとWi2が中心に展開する国内10万以上*2の無線LANアクセスポイントにおいて、端末を開くだけで通信ができる自動接続機能*3を提供します。カフェやファミリーレストランなどの飲食チェーンや主要な鉄道駅・車両、一部の企業来客者用スペースなどに対応し、社外の隙間時間や移動時間、商談時間においても無線LANによる高速インターネット接続を実現します。
*3Windows, MacOS X, iOS, Androidに対応します。使用するOSにより自動接続できるアクセスポイントの範囲が異なります。

2.企業で安心して導入できる、高セキュリティー仕様
bizhub Spotでは利用者が接続するスポットに企業内の無線LANと同等の暗号化・認証方式*4を採用しています。通信エリアにPC・スマホ・タブレットを持ち込むだけで常に暗号化された通信が行われるため、無線区間の盗聴やSSID偽装などの危険なアクセスポイントのリスクからビジネスの大切なデータを守ります。通常のフリーWi-Fiや各施設が独自に提供するWi-Fiと異なり、利用前のセキュリティーチェックや、接続操作・登録手続きを毎回行う煩わしさもなく、端末を開くだけで安全なWi-Fiに自動で繋がります。
*4主要なエリアにおいてWPA2エンタープライズ方式(AES暗号化とサーバー証明書に対応したEAP-TTLS認証)が利用可能です。

3.月額固定の安価な費用で、通信ネットワークが使い放題
bizhub Spotは月額780円/人(税別)で全国10万以上*2のアクセスポイントが通信量無制限で使い放題になります。そのため、テザリングなどのモバイル通信ではコストが高くなりがちな大容量ファイルの共有や、リモートデスクトップ、ビデオ会議なども安心して利用可能になります。bizhub Spotは、モバイル通信が課題でテレワークを導入していない企業だけでなく、テレワーク導入後のモバイル通信の通信制限に課題を持つ企業にも貢献します。

4.手軽で簡単に導入・運用が可能
bizhub SpotはIDとパスワードを既存のPC・スマホ・タブレットに登録するだけで手軽に導入可能です。また、一度設定するだけで対応する Wi-Fiスポットに自動で接続されるので、都度の登録や設定の手間もなく運用も簡単です。加えて、bizhub Spot専用の法人向けの管理者用画面から、社員用アカウントの管理・通知などを行うことができます。さらに、テザリングや Wi-Fiルーターのような通信専用端末の購入は不要で、通信量上限もないため、導入後の面倒な端末管理や契約管理、通信制限解除など追加コストの心配もありません。

5.自宅や海外など、bizhub Spot以外のWi-Fi通信のセキュリティーを高めるVPN機能
bizhub Spotでは、自宅や国内・海外の様々な施設に設置してあるアクセスポイントや、フリーWi-Fiなど、セキュリティーに不安があるネットワークを使わざるを得ないときに備えて、通信経路を暗号化するVPNサービスも標準付帯しており、インターネット接続完了後にワンクリック*5で全ての通信内容を保護します。VPNサーバーは、Wi2が展開している公衆無線LANのインフラと同様に国内で運用しており、広帯域のバックボーンを確保しているため企業でも安心して利用できます。
*5 Windows, MacOS Xの場合。iOS, Androidではアプリをインストールいただくと、Wi-Fiの暗号化状態に応じてVPNを自動接続します。


コニカミノルタについて
コニカミノルタは、Intelligent Connected Workplaceのコンセプトのもと、人・場所・デバイスを繋げ、時と場所に制約されない働き方を提案し、顧客の生産性・創造性向上に貢献しています。今後さらに、顧客データの分析による課題の発見と、パートナーとして共にその課題を解決していく「課題提起型デジタルカンパニー」へと進化していきます。


ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)について
Wi2は KDDI グループにおける公衆無線 LANサービス提供に特化したモバイル通信事業者です。自社ブランドサービスである「ギガぞうWi-Fi」「Wi2 300」、au スマートフォンユーザー向けの「au Wi-Fi SPOT」といったキャリア Wi-Fiサービスの提供を行うとともに、企業・自治体ブランドで展開するフリーWi-Fi サービスにおいても広くWi2 のシステムが利用され、日本全国でWi-Fi スポットの運営を行っています。


【 お客様のお問い合わせ先 】

コニカミノルタジャパン株式会社 お客様相談室    TEL:0120-805-039


※製品の仕様・外観・価格は都合により予告なしに変更する場合があります。

プレスリリースPDFはこちら