国内初、いすみ鉄道「ワッペン・ワーケーション列車」*1運行 ~ 令和の多様な働き方を昭和の懐かしい列車文化で実現 ~

プレスリリース

いすみ鉄道株式会社
株式会社We'll-Being JAPAN
株式会社 ワイヤ・アンド・ワイヤレス


いすみ鉄道株式会社(本社:千葉県夷隅郡大多喜町、代表取締役社長:古竹 孝一、以下:いすみ鉄道)と株式会社We'll-Being JAPAN(本社所在地:東京都中央区、代表取締役社長:野口 茂一、以下:ウェルビーイング)、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社所在地:東京都中央区、代表取締役社長:大塚 浩司、以下:Wi2)は、3社協力のもと、いすみ鉄道駅舎*2およびいすみ鉄道が運行する列車内にどなたでもご利用いただけるFree Wi-Fiを構築するとともに、ビジネスでも利用可能なスペースと通信環境を備えた「ワッペン・ワーケーション列車」の運行を開始します。

いすみ鉄道イメージ    キハ52.JPG

ワッペンイメージ     ワッペン.png

ラッピング列車イメージ    ラッピング.jpeg

2020年は「COVID‐19」の感染拡大により、リモートワークを導入する企業は飛躍的に増え、自宅をはじめ飲食店や街中のワーキングスペースなど、「働く場所」の選択肢も多様化しています。

そのような社会背景をうけ、いすみ鉄道が運行する列車内を「国内初の動くワーケーションスペース」として、快適な通信環境を整備し、テレワーカーをはじめとする多くの方々に列車の新しい価値をご提供します。また、駅舎も同様の通信環境とすることで、列車の待ち時間等もシームレスな通信をご利用いただけます。
なお、本列車運行にあたり、いすみ鉄道では「ワッペン・ワーケーション列車プラン」の販売を開始します。本プランをご購入いただき、「ワッペン・ワーケーション列車」をご利用のお客様には、Wi2が提供するVPN対応公衆Wi-Fiサービス「ギガぞうWi-Fi*3」のIDを無償でご提供します。*4「ギガぞうWi-Fi」を活用して車両内のFree Wi-Fiへ接続することで、VPN通信で保護し、安全にご利用いただくことが可能となります。

*1 ワッペン・ワーケーション列車において国内初。いすみ鉄道調べ。
*2 Free Wi-Fiがご利用いただける駅舎は大原駅、国吉駅、大多喜駅、上総中野駅です。
*3 「ギガぞうWi-Fi」は使い放題でWi2が運営する街中の⾼品質(EAP-TTLS⽅式)Wi-Fiスポットをご利⽤いただけることに加え、フリーWi-FiをVPNで安全に接続するなど、通信事業者ならではの⾼セキュリティな公衆無線LANサービスをご提供する月額会員制サービスです。サービスサイトはこちら
*4 「ギガぞうWi-Fi」スタンダードプランのIDをご提供します。(サービス詳細はこちら)また、本IDは2021年3月末日まで無償でご利用いただけます。


◆昭和の懐かしい列車文化「ワッペン列車」とは
  1960年~1970年代にかけて、旧国鉄が運行していた着席保証サービスを提供していた列車です。事前配布されるワッペンを
  身につけている乗客が、始発駅で優先的に乗車できるというものです。


サービス概要

列車概要.png

FreeWi-Fi概要.png

プレスリリースPDF版はこちら