トラブル回避!安全性を求めるならセキュリティの高い公衆無線LANを賢く利用しよう

今や情報通信サービスは社会経済だけでなく、私たちの日常生活にとってもなくてはならないものになりました。最近は街のいたるところで公衆無線LANが使えるように、通信事業者や自治体などのサービス提供者による設置・整備が行われ、普及が進んでいます。

しかし、外出中に公衆無線LANを使いたい時、安全に使えるかどうか不安に思うことはありませんか?「公衆無線LANはなんとなくセキュリティが心配」「外出中でも安心してインターネットに接続したい」という人も、利用の際の注意点やポイントを押さえれば、公衆無線LANを便利に活用できます。この記事では、公衆無線LANを利用する際のセキュリティ対策の重要性や、安心して使える公衆無線LANについてご紹介します。

目次

公衆無線LANの特徴

公衆無線LANを賢く利用する方法をご紹介する前に、公衆無線LANを利用するにあたっての基礎知識をお伝えします。

スマホで動画を見たりアプリを楽しんだりする人は、外出先でインターネット接続するために無料のWi-Fiを利用したことがあるでしょう。最近は、街中にあるカフェやコンビニに行くと「無料Wi-Fi」「フリーWi-Fi」のポップやステッカーをよく見かけます。このように街中にあるフリーWi-Fiや、携帯電話会社が提供しているWi-Fiスポットなど、外出中に利用できる公衆無線LANサービスは、利用方法や提供元も含めさまざまな種類があります。

スマホやタブレットといったモバイル端末が普及し、外出中に大容量コンテンツを利用するニーズが急激に高まっています。また、テレワーク人口も増え、働く場所が多様化している背景もあります。

このように日常的に公衆無線LANを利用する機会が増えていますが、どんな時に利用するのが便利か、また公衆無線LANを利用することでどんなことに注意しなければならないかについて、具体的にご紹介します。

公衆無線LAN利用が便利な点

  • 通信会社のモバイル通信回線(SIM)がない端末でも直接インターネットに接続できる
  • パケット通信量を気にせず動画などの大容量のコンテンツを利用できる
  • 無料または使い放題のサービスが利用でき、通信制限の心配がない

公衆無線LAN利用で注意すべき点

  • 通信が可能なエリアが限られている(路上などでの利用は不向き)
  • フリーWi-Fiなど、サービスによっては不正アクセスやウイルス感染などのリスクがある
  • 利用者が多いと回線が混みあい、通信が不安定になることがある

公衆無線LANの利用シーンと目的

公衆無線LANは、飲食店や娯楽施設、観光スポットなどたくさんの人が利用しやすいエリアに整備されています。通信制限を気にせずスマホでSNSや動画を見たい、たまには息抜きにカフェで仕事をしたい、など街中の公衆無線LANサービス利用にはさまざまなニーズがありますが、利用用途によってはセキュリティに注意を払う必要があります。目的別にリスクについて考えてみましょう。

情報収集目的

スマホやタブレットといったモバイル端末は、単に電話やメールをするだけのデバイスではありません。インターネット接続によって、世界中の情報やニュース、ブログやSNSから知りたい情報にダイレクトにアクセルできるツールです。

検索エンジンを使えば、ありとあらゆる情報にアクセスして目的を達成できます。例えば下記のような検索は、外出先の公衆無線LANを利用して行うこともあるのではないでしょうか。

  • 外出先でランチ・ディナーができるお店を探したい
  • 欲しい洋服やグッズが置いてあるお店を検索したい
  • 目的地の場所やアクセス方法を調べたい
  • (緊急時)避難場所や必要な情報を調べたい

以上のような情報の閲覧といった目的の場合は、通信時のセキュリティリスクは小さいと言えるでしょう。

ビジネス目的

仕事での移動に公共交通機関を利用する方は多いでしょう。移動中に会社へ報告メールを送ったり、大容量のデータを受け取ったりすることもあります。また、サテライトオフィスでの勤務や自宅以外の場所でパソコンを使って仕事をする場合、インターネット接続が必須。中には新型コロナウイルス感染症拡大防止のため会社にリモートワーク制度が導入され、公衆無線LANサービスの利用検討をした方もいるのではないでしょうか。

ビジネスで公衆無線LANサービスを利用するのであればセキュリティ対策に注意する必要があります。顧客情報や、機密情報を扱うビジネスでの利用は、適切なセキュリティ対策をしなければ大きなリスクになります。なりすましアクセスポイントや、盗聴のリスク有効とされるVPN接続や、会員制のサービスを利用するなど、適切な対策を実施しましょう。

ECサイトでの購入やキャッシュレスサービス・Webサービスの利用

最近は日用品もECサイトでさっと買い物するなど、オンライン決済の利用が日常化している人も増えているのではないでしょうか。

オンライン決済では各種アプリやサービスの決済ページへのログインが必要。ID・パスワード、住所、電話番号などの個人情報を扱うことは避けられません。こうしたインターネットを介したショッピングやサービス利用もセキュリティ対策を行った端末や環境での利用が望ましいでしょう。万が一の盗聴や、接続先のアクセスポイントが悪意のある第三者が設置したものである可能性も念頭において、注意することが大切です。

街のあらゆる場所で利用できる公衆無線LANは大変便利ですが、利用用途に応じたリスクを意識することや必要な対策を講じることが重要です。

インターネット利用での情報セキュリティ対策の必要性

公衆無線 LAN は、今や私たちの日常生活に欠かすことのできない通信インフラです。テレワークにおけるパソコン利用やプライベートで大容量コンテンツを楽しむといった利用用途だけでなく、災害時の情報伝達手段としても有効。通信事業者は経済と地域社会の活性化を図るため、アクセススポットを増加し通信速度の質を高めたサービスを提供しています。

しかし、フリーWi-Fiなど不特定多数の方が利用できるサービスは、簡単に利用できるという利便性が高い分、セキュリティについては注意が必要です。悪意のある第三者によって設置されたアクセスポイントに接続し、入力したSNSなどのアカウントが盗まれ、乗っ取られる被害も報告されています。個人のアカウントが乗っ取られると個人情報が盗まれたりプライベート情報が拡散されたりと、さまざまな手口で犯罪に悪用されることがあります。

SNS全盛の今、利用者の油断につけこんだ詐欺メールや不正アクセスから身を守るには、個人個人のリスク管理も重要となっています。公衆無線 LAN を利用する際にも、以下に挙げる点などに注意を払い、自分の情報を守る意識を心がけましょう。

外出先での無料の公衆無線 LAN(フリーWi-Fi)利用時の注意点

公衆無線LANサービスの中でもフリーWi-Fiは無料かつ手軽に利用できるため、ちょっとした隙間時間などに利用する機会も多いでしょう。セキュリティに不安を持ちつつ利用されている方も、利用を避けている方も、注意しなければならない点は何なのかを知ることは重要です。

・偽アクセスポイントに要注意(SSIDの確認)
接続先のSSIDが、通信事業者や自治体などオフィシャルなアクセスポイントであるかを事前に確認します。URLの頭に「https://」がついているか、またブラウザに鍵マークが表示されているかが判断のポイントです。接続しようとすると、警告を意味する「!」マークやエラーメッセージが表示された場合は、偽のアクセスポイントの可能性が高いので利用は控えるのが賢明です。

・盗聴のリスクにも十分な注意が必要
暗号化されていない公衆無線 LANに接続すると、第三者に通信内容を盗聴されるリスクが極めて高くなります。盗聴の回避は難しいですが、VPN通信の利用やSSLで暗号化されたページを利用することでリスクを最小限に抑え、トラブルを回避できるでしょう。

総務省が実施した公衆無線 LAN 利用に関する意識調査によれば、公衆無線 LANを利用しなかった理由のうち「セキュリティが不安」と回答した人は56.1%で、公衆無線 LANの利用に不安を感じるという人は64.6%でした。

しかし一方で、公衆無線LANを利用する際に、接続時にSSID・暗号化・httpsの確認をしていないという人はSSIDで15.2%、暗号化で32.3%、httpsで34.8%というデータがあります。つまり、全体の約3割が安全性の確認を怠っていることになります。

※参照元:Wi-Fi利用者向け簡易マニュアル(総務省)

こうした公衆無線 LAN利用時のセキュリティ対策を知っておくことで、より活用の幅は広がるはずです。また、公衆無線LANの中でも携帯電話会社が提供するキャリアWi-Fiや通信事業者が提供する有料Wi-Fiサービスは、誰でも利用できるフリーWi-Fiよりセキュリティが強固となっているため、セキュリティに関して不安がある人は利用を検討してみましょう。

セキュリティ対策をサポートして安全に接続できる「ギガぞうWi-Fi」

通信会社である株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が提供する「ギガぞうWi-Fi」は、会員専用の高セキュリティWi-Fiに自動接続できるだけでなく、フリーWi-FiをVPN接続で利用できるなど、外出中の安全なWi-Fi接続をサポートします。

ギガぞうWi-Fiは、セキュリティ対策に必要な各チェックをアプリが自動で解決してくれるので、自分でセキュリティリスクをチェックするより、簡単かつ安全です。

ギガぞうWi-Fiは外出先や移動中でも快適にインターネットが利用できる

ギガぞうWi-Fiは大手カフェやレストラン、商業施設など多くの人が利用するスポットにアクセスポイントを多く展開しています。そのため外出先、インターネットを利用したいシーンですぐに接続できるのが大きなメリットです。

また、交通機関や自治体でも利用可能。隙間時間や移動時間でもサクサク快適にインターネットを利用できます。

まとめ

公衆無線LANサービスは便利ですが、サービスや利用用途によってセキュリティリスクへの意識と対策が必要になります。

情報漏洩やアカウント乗っ取りなど、余計なトラブルに巻き込まれたくはないですよね。

「都度安全性をチェックするのは大変、でも外出先で安心してWi-Fi接続を利用したい」そんなあなたは、月額定額で高セキュリティWi-Fiが利用できるギガぞうWi-Fiを検討してみてはいかがでしょうか。

自分に合ったプランが選べるギガぞうWi-Fiをチェックしてみる→詳しくはこちら