導入事例

諫早市 様

災害時の通信インフラ確保と市民サービス向上に
フリーWi-Fiサービスを導入

導入背景や目的

Free Wi-Fiサービスのエリアサイン

平時は市民の利便性向上に、また災害時に通信インフラを確保することを目的として、災害モードにも対応したフリーWi-Fi導入の検討を進めてこられた同市。 2021年度は諫早市役所と諫早駅観光案内PRコーナー・交流広場へのサービス提供を開始されました。

導入内容

実績ある認証方式と14言語に対応したフリーWi-Fiをご提供

「ISAHATA CITY Free‐Wi-Fi」では、”SNSアカウント又は実在メールアドレス”による認証方式をご採用いただき、13か国14言語に対応したフリーWi-Fiサービスをご提供しています。
駅内の観光案内PRコーナーでご利用いただけることにより、市民の方はもちろん、国内の通信手段を持たない海外の方でも容易にご利用いただくことができ、行政サービスの向上に寄与しています。

有事に備えたサービスのご提供

災害発生時もしくはその恐れがある場合において、当社指定窓口にご連絡頂くことで、認証画面を災害時用接続画面に切り替えが可能な「災害モード」の対応をさせていただきます。
また、大規模災害時には事業者の判断において「00000JAPAN」を発出させていただきます。これにより、災害時の通信手段確保が可能となります。

Wi-Fiソリューションで解決