国内初!次世代無線LAN規格、「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi6) Free Wi-Fiサービスのフィールドテストを開始 ~Wi2、コムスコープはWi-Fi6のスムーズなサービス展開を目指します~

プレスリリース

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大塚 浩司、以下:Wi2)とコムスコープ傘下のラッカスネットワークス(本社所在地:米カリフォルニア州サニーベール、以下:ラッカス)は、次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(以下:「Wi-Fi6」)のスムーズなサービス展開に向け、国内初*1となるFree Wi-Fiサービスの実店舗環境*2でのフィールドテストを、2019年9月25日より開始します。

「Wi-Fi6」は、今後さらに増加が見込まれる大容量通信によるネットワークの負担を、高速化とパフォーマンスの向上で対応し、多くのユーザーによる同時接続時にもストレスのない高速モバイル通信を可能にします。

ユーザーからのWi-Fiサービス利用ニーズが高いカフェなどの飲食店は、ピーク時間帯に利用が集中し、多様なデバイスによる同時接続環境となっています。この度のフィールドテストは、このような状況下での「Wi-Fi6」の最適なチューニング、検証を目的に実店舗にて実施します。*3
本フィールドテストの実施により、検証結果をサービスに反映させ、「Wi-Fi6」対応端末の普及に伴い需要が高まる本技術を、いち早く安定的にお客様にご提供できる環境整備を進めてまいります。

今回のフィールドテストでは、超高密度環境でのキャパシティが高く、電波到達範囲と性能が改善されたラッカスの高性能デュアルバンドの屋内アクセスポイント(AP)「R730」、大企業向けの高性能スイッチング機能を有するスイッチ「ICX 7150」、そして複雑なネットワークアーキテクチャの管理に必要な柔軟性を提供するネットワークコントローラ「SmartZone 300」を使用します。*4

Wi2とコムスコープは、本プロジェクトにより環境変化や技術進化に柔軟に対応し、お客様に常に最適かつ快適な通信環境をいち早くご提供できるようサービスの磨き上げを協力してまいります。

*1 公衆無線LAN事業者による「Wi-Fi6」を利用した実店舗でのFree Wi-Fiサービスのフィールドテストにおいて国内初。Wi2調べ。
*2 株式会社 ウェルカム様にご協力いただき、DEAN & DELUCA カフェ 東京音楽大学 中目黒・代官山キャンパスにて実施します。
*3 当初は最適化を行っている最中であるため、ご利用については、サービス提供事業者(Wi2、ラッカス)関係者に限定させていただきます。
*4 製品詳細はこちらをご参照ください
※ その他社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

コメント
【株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス 取締役/技術責任者 江川 正】
ワイヤ・アンド・ワイヤレスは、当社サービスをご利用頂くすべてのお客様に、常に快適な通信サービスをご提供できるよう、定常的に通信品質の改善に取り組んでおります。お客様から頂く様々なご意見・ご要望をもとに、お客様にご満足いただける品質を定め、その達成に向けた改善施策を講じてきました。今回、新たなWi-Fi通信規格が具備されたラッカス社の製品を用いて、通信品質の更なる向上にチャレンジできることに大きな期待を抱いており、将来、お客様へ更なるご満足をご提供できる日が来ることを楽しみしております。

【コムスコープ アジア太平洋地区法人担当バイスプレジデント ギャリー・ニューボールド】
日本初となるWi-Fi 6のフィールドテストをおこなうために、再びWi2と協力でき、大変嬉しく思っています。フィールドテストは重要なマイルストーンであり、最高のユーザーエクスペリエンスを実現するために、高品質なWi-Fi接続の提供に全力を注いでいきます。

(ご参考)フィールドテスト実施店舗概要

d&d.png

プレスリリースPDF版はこちら