JR北海道「快速エアポート」にて10/30よりWi-Fiサービスを順次開始 ~どなたでもご利用可能なFree Wi-Fiにくわえ、「ギガぞう」でも利用可能に~

プレスリリース

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大塚 浩司、以下:Wi2)は、北海道旅客鉄道株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:島田 修、以下:JR北海道)が運行する「快速エアポート」車両内においてWi-Fiサービスの提供を10月30日より順次開始します。

このたび、「快速エアポート」車両においては、Free Wi-Fi用のSSID「JR_Hokkaido_Free_Wi-Fi」に加えて、Wi2のSSID「0000Wi2」を提供します。「0000Wi2」は、Wi2が提供するアプリ「ギガぞう」*1、また訪日外国人向けアプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」*2をご利用のお客様がご利用いただけます。

*1 「ギガぞう」サービス詳細についてはこちら
*2 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」サービス詳細についてはこちら

JR北海道エリアサイン.png

JR北海道_概要.png

*3  Facebook、Twitter、Google、Yahoo! JAPAN、Weibo、QQのアカウントがご利用いただけます。
なお、「言語設定」にて中国語(簡・繁)をご選択いただいた場合、Weibo、QQのアカウントがご利用いただけます。
また、日本語をご選択いただいた場合のみYahoo! JAPANがご利用いただけます。

プレスリリースPDF版はこちら