「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」が沖縄県”Be.Okinawa Free Wi-Fi”と連携 アプリによるフリーWi-Fi自動接続と情報配信のフィールド実証を実施

プレスリリース

株式会社 ワイヤ・アンド・ワイヤレス

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大塚 浩司、以下:Wi2)は、沖縄県が整備を推進するFree Wi-Fiサービス「Be.Okinawa Free Wi-Fi」にて2018年2月より開始される認証連携フィールド実証*1に伴い、同エリアにて「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリでの接続を可能にします。くわえて、本フィールド実証の一環として、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリの特性を活用し、位置情報と連動して沖縄県を訪れる外国人へ観光情報などの配信を行います。

okinawa_図.png

このたびの取り組みは、一般社団法人 公衆無線LAN認証管理機構(以下:Wi-Cert)*2が推進する、事業者の垣根を越えて円滑に連携できる認証連携の仕組みを活用しています。本仕組みの共通化された技術仕様(Web-API)により、Wi2以外によって整備・提供されるWi-Fiエリアでも、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリでの接続が可能となります。

この連携により、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリを利用する訪日外国人は、沖縄県内において、SSIDや整備主体の違いを気にすることなく、自動的にフリーWi-Fiにも接続が可能となります。また、アプリを通じて県内の情報に触れていただく機会が増加し、沖縄県の観光において、より便利にご利用いただけます。

Wi2は今後も、Wi-Certの推進するスキームを活用したFree Wi-Fiサービスの連携*3を順次拡大し、より多くの訪日外国人へ快適な通信環境を提供してまいります。

*1 (ご参考) 沖縄県 プレスリリース
http://www.pref.okinawa.jp/site/bunka-sports/kankoshinko/ukeire/beokinawafreewi-fi_h29fieldtrial.html

*2 公衆無線LAN認証管理機構の詳細について
http://www.wlan-authmng.or.jp/

*3 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリを通じて、全国のWi-Certに対応した公共エリアとの連携を推進します。また、当社が受託整備を行っている公共エリアにおいてWi-Certの連携方式に対応することにより、今後様々なサービス提供を行うアプリ事業者との連携を通じて、利用者がより便利にご利用いただける環境の提供に努めてまいります。

PDFはこちら