ますます拡がるFree Wi-Fiの事業者間認証連携 愛知県でのフィールドトライアルに「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」対応 ~訪日外国人へのFree Wi-Fi利用をシームレスに~

プレスリリース

株式会社 ワイヤ・アンド・ワイヤレス

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大塚 浩司、以下:Wi2)は、愛知県および県内6市町(名古屋市、豊田市、安城市、常滑市、みよし市、豊山町)にて2017年11月9日より開始される無料公衆無線LAN認証連携フィールドトライアル*1に伴い、同エリアにて「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリでの接続を可能にします。

このたびの取り組みは、一般社団法人 公衆無線LAN認証管理機構(以下:Wi-Cert)*2が推進する、事業者の垣根を越えて円滑に連携できる仕組みを活用しています。本仕組みの共通化された技術仕様(Web-API)により、他事業者が整備し、提供するWi-Fiエリアでも、Wi2の「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリでの接続が可能となります。

 図4.png

この連携により、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリを利用する訪日外国人は、公衆無線LAN認証連携フィールドトライアル実施エリアにて、SSIDやネットワーク事業者の違いを気にすることなく、自動的にWi-Fiに接続が可能となり、利便性が向上します。

 Wi2は今後も、Wi-Certの推進するスキームを活用したFree Wi-Fiサービスの連携*3を順次拡大し、より多くの訪日外国人へ快適な通信環境を提供してまいります。

 

*1 関連プレスリリース:http://www.pref.aichi.jp/soshiki/joho/wi-fi.html

*2 公衆無線LAN認証管理機構の詳細について(http://www.wlan-authmng.or.jp/

*3 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリを通じて、全国のWi-Certに対応した公共エリアとの連携を推進します。また、当社が受託整備を行っている公共エリアにおいてWi-Certの連携方式に対応することにより、今後様々なサービス提供を行うアプリ事業者との連携を通じて、利用者がより便利にご利用いただける環境の提供に努めてまいります。

PDFはこちら