- 観光振興と地域活性化を促進させ、広告の力で文化財を保護する - 文化財保護を目的とする無料公衆無線 LAN サービス、京都から提供開始

プレスリリース

TimeAge 株式会社
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス

TimeAge 株式会社(カナ表記:タイメージ、本社:京都府京都市、代表取締役社長:大塚壽昭、以下 TimeAge)と、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大塚浩司、以下 Wi2)は、広告を活用し、文化財保護に貢献する画期的な Free Wi-Fi サービス「TimeAge FREE Wi-Fi」の提供を、今春からの世界遺産仁和寺(京都府京都市)において行った実証実験を経て、京都府京都市内より順次開始します。

近年、増加の一途を辿る訪日外国人観光客情勢ですが、比例して史跡や文化財を訪れる観光客も増加傾向にあり、一方で文化財の傷みが急速に進んでいる由々しき事態も招いています。また、訪日外国人旅行者が国内旅行において快適な通信環境を必要とする声は、いまだ多く上がっています。

これらの課題を解決すべく、本サービスでは文化財を訪れる観光客に Free Wi-Fi サービスを提供するとともに、Wi-Fi 接続初期画面に広告を表示し、その広告収入から得られた利益の一部を、文化財保護費用として観光地に還元します。

このたび、WEB 上で健全な CSR 広告を取り扱う TimeAge と、京都をはじめ日本全国の多くの観光地において Free WiFiサービスの提供実績がある Wi2 が協力することにより、観光客の皆さまへ快適な Free Wi-Fi 環境を提供すると同時に、利用者並びに広告主の皆さまとともに、文化財保護等の社会貢献を実現します。両社は、本取り組みを今後も、広く全国の観光地に普及させ、地域活性に貢献してまいります。

【実証実験を行った世界遺産・総本山仁和寺様からのコメント】

文化財保護という観点で TimeAge 社が取組みを始められ、今春に当山が初めて実証実験の場を提供してから、徐々にその輪が広がってきました。参拝者の動向等、多くの貴重なデータも集まっていると聞きます。世界遺産が集積する京都でこの試みがスタートし、日本国内の文化財を抱える多くの方々に知って頂く機会は、誠に意義のある事と考えます。TimeAge 社の「広告の力で文化財保護」ビジネスが、国や地方自治体のサポートとなり、参拝者の方々にも満足して頂く結果をもたらしている事実は、地域活性化に関心を寄せられる皆様にもその実状を共有して頂きたく、ここに推薦文を寄せさせて頂きました。この取組みが、今後全国に普及されていくことを願っております。


【TimeAge FREE Wi-Fi サービス概要】
◆ユーザーは無料で利用可能
TimeAge FREE Wi-Fi は、簡単なオープン ID 認証の手続きを行うだけでどなたでも無料で利用が可能です。旅先の思い出を SNS にシェアしたり、旅先現地での調べ物に使ったりと、ユーザーに対して旅先での利便性を提供いたします。多言語対応しており、日本人観光客はもちろん、殆どの外国人観光客も言語の問題で困る事なく利用が可能です。

◆専用アプリ不要、起動画面には 360°パノラマ VR を採用
サービスを利用するのに特別なアプリは不要で、スマートフォンやタブレット端末にインストールされた WEB ブラウザがあれば利用可能です。
サービスの起動画面には、観光地や文化財を撮影した高解像度の 360°パノラマ VR(ヴァーチャル・リアリティ)を採用しています。360°パノラマ VR 内に広告を配置しており、ユーザーは 360°パノラマ VR コンテンツを楽しみながら、かつ広告情報にも触れる事が可能です。

◆周辺観光情報、緊急災害時の情報提供
訪れた観光地の周辺情報をユーザーに提供いたします。観光地周辺の飲食店やお土産物屋等の情報をユーザーに提供して来店を促し、同時に観光地周辺の地域活性化も目指します。また、緊急災害時の避難場所情報も提供し、災害時のインフラ確保とユーザーの安全性確保にも努めます。

◆高品質
全国最大規模のサービスエリアを誇る Wi2 の公衆無線 LAN システムを採用することで、旅先で高品質かつセキュアなインターネット通信が利用頂けます。

◆広告収入の一部を文化財保護費用として還元
貴重な文化財を未来へと残すべく、広告収入の一部を景観保全や文化財保護費用として観光地に還元いたします。

図3.png

PDFはこちら