KDDI、コロプラ、ワイヤ・アンド・ワイヤレス、 「Location Trends」に「インバウンド動態調査レポート」の セット提供を開始 ~国内最大規模の訪日外国人Wi-Fi接続およびGPSのビッグデータを活用~

プレスリリース

KDDI株式会社
株式会社コロプラ
株式会社 ワイヤ・アンド・ワイヤレス

KDDI株式会社(代表取締役社長:田中孝司、本社:東京都千代田区、以下「KDDI」)、株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(代表取締役社長:大塚浩司、本社:東京都中央区、以下「Wi2」)は、主に自治体および観光関連企業への誘客、滞在・宿泊、周遊等の課題発見および施策提案を目的として、「Location Trends」※1に「インバウンド動態調査レポート」※2のセット提供を開始します。

KDDIとコロプラは、auスマートフォンユーザーの位置情報ビッグデータを活用した「Location Trends」を2013年10月より提供しており、これまでに60以上の自治体や観光関連企業に採用されています。

今回新たに、Wi2とコロプラは、Wi2が「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」※3で保有する国内最大規模の訪日外国人のWi-Fi接続およびGPSの位置情報ビッグデータを活用し、「インバウンド動態調査レポート」を作成します。また、コロプラは、「Location Trends」と「インバウンド動態調査レポート」をセットにして、コロプラおよび販売パートナーを通じ、2017年7月6日より提供を開始します。

これにより、自治体および観光関連企業は、日本人観光客とインバウンド観光客の動態をワンストップで把握でき、観光振興施策の立案や効果分析をより効率的に実施することが可能となります。各社は、今後も位置情報ビッグデータの利活用を通じ、観光振興に加え、交通環境整備、防災対策などを幅広くサポートしていきます。

※1「Location Trends」は、KDDIがauスマートフォンユーザーから同意の上取得し、誰の情報であるかわからない形式へ加工した位置情報および属性情報(性別・年齢層)等のデータを用いて、コロプラへ分析を委託し作成した「位置情報ビッグデータ分析レポート」サービスの総称を指します。性年代属性付きで移動軌跡が追える国内最大規模のビッグデータパネルであることに加えて、分析エリアは100m四方単位から分析可能で、かつ数分間隔で移動ログを蓄積しており、独自ロジックにより識別した正確なユーザー行動を抽出することができる動態調査サービスです。観光分野においては、観光スポット単位の来訪者特徴、宿泊転換、滞在時間、周遊状況などが把握できます。「Location Trends」の詳細はこちらをご覧ください。http://www.location-trends.com/

※2「インバウンド動態調査レポート」は、Wi2が「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」ユーザーから同意の上取得し、誰の情報であるかわからない形式へ加工した位置情報および国籍情報等のデータを用いて、コロプラへ分析を委託し作成したレポートです。

※3「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」は、Wi2が提供する全国最大20万か所以上のWi-Fi スポットへの無償自動接続機能と、観光情報や施設情報等の配信機能により、訪日外国人の国内観光旅行を支援するスマートフォン用アプリで、累計200万*以上のご利用実績があり、訪日外国人に特化したアプリでは国内最大規模のWi-Fi接続およびGPSの位置情報ビッグデータを保有しています。
*アプリのダウンロード実績ベース

PDFはこちら

別紙