今年の夏も富士山でFree Wi-Fiと4G LTEが使えます! ~KDDIグループの富士山における快適な通信の取り組みについて~

プレスリリース

株式会社 ワイヤ・アンド・ワイヤレス
KDDI株式会社

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大塚 浩司、以下:Wi2)は、昨年多くの登山客にご利用いただいた(注1)Free Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」を、本年も富士山の開山期間に合わせ、2017年7月より提供を開始します。また、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中孝司、以下:KDDI)は、2017年7月4日より、富士山頂において4G LTEのエリア化を行います。(注2)

エリアサイン_富士山.png

「富士山 Wi-Fi」(以下、本サービス)は、静岡県および山梨県と協定を締結し、富士山の全山小屋を含む49か所(注3)に加え、富士山静岡空港(注4)にて整備します。また、富士山五合目以下の地域の民間企業、施設とも連携し拡大をはかる準備を進めています。これにより富士山を中心とした地域活性の一助となるサービスとして、貢献してまいります。

本サービスは、国内の観光客はもとより訪日外国人観光客を含むすべての方に無料でご利用いただけるWi-Fiサービスです。「SNSアカウント」または実在する「Eメール」での認証を採用しているため、安全かつ簡単に通信サービスをご利用いただけます。なお、本サービスは大規模災害発生時に被災された皆さまにご利用いただける統一のネットワーク名「00000JAPAN」に対応しており、有事の際の通信手段としてもご利用いただくことが可能です。

また、本サービスのアクセスポイントは、Wi2が提供する訪日外国人向けアプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」にも対応しているため、訪日外国人観光客は、アプリをダウンロードし利用規約に同意することにより、自動的にWi-Fiに接続しご利用いただくことが可能です。また、auスマートフォンをご利用のお客さまはWi2が整備したWi-Fiエリアを「au Wi-Fi SPOT」として簡単にご利用いただけます。Wi2とKDDIは、今後もお客さまの声に真摯に耳を傾け、観光地や商業地、生活動線などにおいて、更なるエリア拡大やエリア品質向上を行い、安心・安全かつ快適なスマートフォンライフをサポートしていきます。

(注1) 訪日外国人を含む、のべ15万人以上の利用実績(2016年7月1日~2016年9月10日)。Wi2調べ。
(注2) 登山口および登山道は、一年を通じて4G LTE通信をご利用いただくことができます。
(注3) 一部休業店舗を除きます。
(注4) 富士山静岡空港1F総合案内所にて利用可能。

【参考】「"富士山"が勤務地です!」。登山者の安全と快適のために、日本最高峰へ電波を届ける(2015年8月11日)
 (https://time-space.kddi.com/feature/genbadamashii-sp/20150811/1183?bid=co_prts_krl_0082)

【「富士山 Wi-Fi」について】

(1) ご利用可能な場所 
・全山小屋含む49か所 ※一部休業店舗を除きます。詳細以下参照。
・富士山静岡空港(1F総合案内所)
・今後、富士山五合目以下の民間施設へ拡大予定

利用可能場所リスト.png

(2) 提供期間
・2017年7月~9月上旬(予定)
※各山小屋の営業期間中とします。
※富士山静岡空港では通年のご利用が可能です

(3) ご利用対象
・Wi-Fiデバイスをご利用のすべての方
※au Wi-Fi SPOTとしてご利用いただけます。
  ※「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」がご利用いただけます。

(4) ご利用方法
・SNS認証方式
STEP① SSID「Fujisan_Wi-Fi」を選択いただき、ブラウザを立ち上げます。
STEP② ログイン画面にて、ご利用のSNSロゴを選択し、SNSアカウント(注 1)でログインしてください。

・メール認証方式
STEP① SSID「Fujisan_Wi-Fi」を選択いただき、ブラウザを立ち上げます。
STEP② ログイン画面にて、メールアドレスを入力し、送信ボタンを押下します。
STEP③ 5分以内に折り返し受信したメール内に記載されたURLにアクセスし、 ログインしてください。

(5) 対応言語
・7言語(日・英・中(簡体字・繁体字)・韓・タイ・ポルトガル)

2.4G LTE通信について
(1) ご利用可能な場所 (注2)
 ・富士山頂 (注3)
 ・吉田口ルート(山小屋・登山口・登山道)
 ・富士宮口ルート(山小屋・登山口・登山道)
 ・須走口ルート(山小屋・登山口・登山道)
 ・御殿場口ルート(山小屋・登山口・登山道)

(2) 対策期間
・2017年7月4日~8月 下旬 (注4)
  ※登山口・登山道については一年を通してご利用いただけます。
以 上

(注1) Facebook、Twitter、Google、Yahoo! JAPAN、Weiboのアカウントがご利用いただけます。
(注2) 電波の状況によっては3G通信でのご利用、またはご利用いただけない場合があります。
(注3) 山頂の山小屋周辺については7月上旬のエリア化を予定しています。お鉢巡りルートにおいては、一部ご利用いただけない場所もあります。
(注4) 山頂・山小屋の対策期間は、開山期間や山小屋営業期間の変更および天候や作業の状況により変更になる場合があります。