伊那バス×信南交通×Wi2 共通SSID、「HighwayBUS-Wi-Fi」でFree Wi-Fiサービス提供開始! ~バス会社の垣根を越え、利用者にとって使いやすいFree Wi-Fiサービスを~

プレスリリース

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス
伊那バス株式会社
信南交通株式会社

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大塚 浩司、以下:Wi2)、伊那バス株式会社(本社:長野県伊那市、代表取締役社長:藤澤 洋二、以下:伊那バス)、信南交通株会社(本社:長野県飯田市、代表取締役社長:中島 一夫、以下:信南交通)は、伊那バスと信南交通が共同運行する高速バス路線にて共通のFree Wi-Fiサービス、「HighwayBUS-Wi-Fi」の提供を4月中旬より順次開始します。

エリアサイン.png

本サービスは、事前の登録などは一切不要で、画面上に表示された利用規約に同意いただくだけで、インターネット利用が可能となる、ワンタップの接続方式を採用しています。これによりFree Wi-Fiの需要が高い訪日外国人観光客をはじめ、全てのお客様に簡単にインターネット接続をご利用いただける環境を提供します。

このたび、バス会社の垣根を超え、共同運行車両内にて同じ電波名(SSID)でサービスを提供するという先進的な取り組みにより、乗車したお客様は、これまで以上にわかりやすくFree Wi-Fiサービスをご利用いただけます。また、様々なバス会社様に本サービスを導入いただくことにより導入各社の共同運行区間の相互連携を図るとともに、利用者にとっての利便性を高めることを目指します。

なお、本サービスのアクセスポイントは、Wi2が提供する訪日外国人向けアプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」にも対応しているため、訪日外国人観光客は、アプリをダウンロードし利用規約に同意するだけで、自動的にWi-Fiに接続しご利用いただくことが可能です。

0418_概要.png

PDF版はこちら